失敗したくない防犯対策!¥50,000で安心の防犯設備投資をしよう

防犯

家を建てた後でもできる価格別防犯対策に関する記事はこちらから
👇
👇

一軒家への防犯対策を紹介の記事はこちらから
👇
👇

旦那
旦那

家族を守るために、家を建てた後でもできる防犯対策を知りたかったんだけど、
家を建てた後でもできる価格別防犯対策に関する記事一軒家への防犯対策を紹介の記事、を読んで、家に対する防犯対策の考え方や安価にできる防犯対策はわかったよ。
でも、防犯対策で失敗したくないし、もう少しお金がかかってもいいから、もっと安心できる防犯設備を設けておきたいんだ。

こういった疑問に答えます。

結論としては、家への防犯設備は¥50,000かければ、 最新のデジタル機能を搭載した防犯設備を部分的に配備することができます。

新しく家を購入して、これから家族で生活していこうという時に、家に安心できる防犯設備が無いと先行きが不安になり心細くなりますよね。防犯設備を失敗したくありません。

この記事では、初めて家への防犯対策を考える方でも安心の、¥50,000でできる失敗しない家への防犯設備を紹介しています。

家を建てた後でもできる価格別防犯対策に関する記事を読んでからこちらの記事を読むとより分かりやすくなります。

家を建てた後でもできる価格別防犯対策に関する記事一軒家への防犯対策を紹介の記事を読んで防犯対策に対する考え方を理解できましたでしょうか。

それでは、初めて家への防犯対策をする方も失敗しない、¥50,000でできる安心の家への防犯設備を一緒に見ていきましょう。

本記事の内容

  • ¥50,000で揃えたい!家への初めての安心防犯設備
  • まとめ

¥50,000で揃えたい!家への初めての安心防犯設備

本来ドアスコープは、誰が来たのかを家の中から覗くものです。しかし、防犯対策のされていないドアスコープだと、外から覗く目的で使われる可能性があるのです。防犯対策のされていない防犯スコープは、空き巣・侵入窃盗犯からサーチ目的で恰好の獲物になります。外から覗かせないようにできればこちらからも監視できるような対策をしましょう。

ドアスコープのぞき見防止

補助錠

補助錠は、玄関扉の鍵とは別に追加で取り付ける鍵のことです。
補助錠を取り付けることで、鍵の数が増えるので侵入に時間がかかるようになります。空き巣・侵入窃盗は、侵入に5分以上かかるターゲットを避ける傾向にあります。
補助錠を取り付けて、侵入に時間をかけさせることは、空き巣・侵入窃盗のターゲットになることからも避けられるので、防犯にはうってつけですね。

ドアアラーム

ドアアラームは、夜間就寝時を狙う空き巣・侵入窃盗・不審者に対して有効です。
最近物騒で夜、家族で眠っている時を狙って、空き巣や侵入窃盗、もしくは暴行・性犯罪をはたらく輩もいます。
そんな輩から家族を自分自身を守るために、玄関などにドアアラームを取り付けておけば、もし、家内に侵入を企てようという輩がいても、ドアアラームで防ぐことができます。

窓ガラス破り防止

空き巣や泥棒などの侵入窃盗犯は、住宅の窓についているクレセントキーあたりのガラスを割って、手を中に突っ込み、クレセントキーを開けて室内へ侵入してきます。
これを防ぐために、窓ガラスに「ガラス割り防止フィルム」を貼っておくことがおすすめです。
「ガラス割り防止フィルム」が貼られた窓ガラスは、道具を使って割ろうとしてもヒビ割れが入る程度にしか破壊できず、クレセントキーを開けるために、手を中に突っ込むほどの大きな穴を窓ガラスに空けるには多大な時間を要するようになります。

窓用防犯錠

実は、窓に元々付いているクレセントキーは、防犯ではなく防音のためのものです。
ですから、窓に防犯するための鍵を付けたいのであれば、窓用の防犯錠・補助錠を付ける必要があります。

窓用防犯アラーム

空き巣・泥棒などの侵入窃盗犯は、窓や玄関、勝手口からの侵入を狙っています。警視庁によると実際の侵入被害の50%以上が窓からというデータがあります。
窓からの侵入被害を防止するために、窓への防犯設備を強化することはもはや必須事項かもしれません。
窓への防犯設備は、鍵の防犯強化だけではなく、侵入犯を検知した時にブザーアラームが鳴り響き、周囲にも知らせることができる防犯アラームを設置することで、侵入窃盗犯への抑止効果も得られるでしょう。
窓用防犯アラームには、衝撃検知・窓解放検知の機能を持った商品があるようなので、ご家庭ごとに目的に合った防犯アラームを選んで防犯機能の高い家を目指しましょう。

まとめ

¥50,000で揃えたい!家への初めての安心防犯対策ということで、ここまで見てきました。

防犯設備に¥50,000にかけると、最新のデジタル機能を搭載した防犯設備も一部選択肢の中に含まれていて、家に配備することができます。

防犯設備への投資金額を増やすことができると、より高い機能を持ち、最新の機能を搭載した設備を設けることができます。

安価な防犯設備でも広く設けると、家全体で見ると高い防犯機能が得られます。

ただ、部位ごとの防犯機能で見ていくと、最新の機能を持っていたり、最新とまではいかなくとも近い機能を持っている防犯設備を選択できるとしたら・・・。
家全体で見ても、より高い防犯機能を持った防犯機能の総合力の高い家となります。

防犯設備に投資する金額の考え方は、ご家庭それぞれにあるとは思います。考え方には筋が通っていても、それで侵入窃盗の通り道を作ってしまっては、ご家族の安全が脅かされてしまいます。ご家族での幸せな生活と未来への投資として、防犯設備を充実させておくことは精神衛生上にも重要なことですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました