我が家は最高の防犯対策!¥100,000で充実した防犯設備を手に入れよう!

防犯

予算¥50,000の防犯設備に関する記事はこちらから
👇
👇

家を建てた後でもできる価格別防犯対策に関する記事はこちらから
👇
👇

一軒家への防犯対策を紹介の記事はこちらから
👇
👇

旦那
旦那

一軒家への防犯対策を紹介の記事家を建てた後でもできる価格別防犯対策に関する記事¥50,000で揃えることができる防犯設備に関する記事まで読んで、
どれくらいの費用でどれくらいの防犯設備を家に揃えることができるかは分かったんだけど、
私は、家全体にもっと安心できる防犯設備を設けておきたいんだ。

こういった疑問に答えます。

こちらの記事では、これから家族で生活していく上で、家全体に最新機能を持つあるいはそれに近い技術力の防犯設備を配備して、安心できる防犯機能を持つ家にするための防犯設備を紹介しています。

一軒家への防犯対策を紹介の記事家を建てた後でもできる価格別防犯対策に関する記を見てからこちらの記事を読むとより分かりやすいと思います。

結論としては、家の防犯設備は¥100,000あれば、最新機能を持った防犯設備を防犯上重要な開口部すべてに配備することができます。

家族でずっと生活していく家に、最新機能あるいはそれに近い技術力の防犯設備を揃えておくことは、家全体で考えても、家の各部分で考えても、家族が安心できる防犯機能を持つ家にする上で重要です。

¥100,000で家族が安心できる防犯性能を持つ家に変わるなら、投資価値がありますよね^^

本記事の内容

  • ¥100,000で最新機能の防犯設備を揃えて家族が安心できる防犯機能を持つ家に変えよう!
  • まとめ

¥100,000で最新機能の防犯設備を揃えて
家族が安心できる防犯機能を持つ家に変えよう!

防犯カメラ

実は、日本でも富山県では、令和元年から地区安全なまちづくり推進センターより、住宅への防犯カメラの設置費用の一部を補助する「住宅街等防犯設備緊急整備事業費補助金」という制度が実施されています。
・地区推進センターの人口が1万人以上→1地区推進センターあたり20万円まで
・地区推進センターの人口が5千人以上1万人未満→1地区推進センターあたり15万円まで
・地区推進センターの人口が5千人未満→1地区推進センターあたり10万円まで

限度額

対象経費補助率限度額
防犯カメラの設置費用地区負担額の2分の11台当たり5万円以内

ドアスコープのぞき見防止

ドア防犯グッズ

窓の防犯グッズ

まとめ 最新機能は安心安全の近道

本記事では、家への防犯対策で¥100,000でできる防犯設備を紹介してきました。

まとめの冒頭で、最新機能の防犯設備は安心安全の近道と書きました。
まさにそのとおりで、防犯設備も最新鋭のデジタル機能が搭載されたものは、効率よく人の手間をかけずに高い防犯効果を得ることができます。

防犯に対して効率よく手間がかからない設備を設けることで、住まいの快適さや使い勝手を損なうことなく生活することができます。

日々生活していく上で、快適さや使い勝手を損なうことなく、防犯機能が最新の防犯設備も設けることができたら、安心や安全を手に入れることができますね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました